サイトメニュー

薬の瓶

美容外科に行こう

美容外科ではボトックス注入たヒアルロン酸注入などの小顔になる方法を用意しています。医師のカウンセリングを受けて、自分自身に適した治療方法を選択していきましょう。

女性

遺伝でも大丈夫

骨格が原因で顔が大きいから、小顔になる方法なんてないとあきらめている人がいるかもしれません。ですが、そのようなことはありません。骨格を削ることで確実に小顔を目指すことができます。

カウンセリング

人気の美容治療

美容外科で取り扱っている小顔になる方法は一つだけではありませんし、なかには、いくつかの治療法をあわせないと小顔を目指すことが出来ない場合もあります。また、最近ではセットバックという治療が注目を集めています。

女性

様々な治療法

顔を小さくする方法にはいくつかの方法がありますが、脂肪溶解注射やウルセラは、脂肪が原因の二十顎にアプローチできるとして注目が集まっています。もし、これらの治療に挑戦したいのであれば、モニターキャンペーンなどを活用すると割引が適応されることもあります。

医者

クリニック選び

美容外科にはたくさんの小顔になる方法があるので、大きな顔というコンプレックスから解放されるでしょう。美王外科での治療で、小顔になりたいのであれば、美容外科選びは慎重に行ないましょう。

顔を小さくするんは

女性

顔が大きくなる原因

美人の特徴と言えば、小顔です。昔は顔は大きい方が美人という時代もありましたが、現在では小顔美人が浸透しています。その為、自身の顔の大きさに悩んでいるという人も多くいるでしょう。もし、そのように悩んでいるのであれば、顔が大きくなる原因について把握しておくべきです。遺伝で顔が大きいという人もいますが、一般的には、生活習慣や老化などが要因になっていることがほとんどです。普段から、自分に甘い生活をしていて、高カロリーや糖質が多い食事ばかりしていないでしょうか。また、運動不足ではありませんか。これらが原因で顔に脂肪がついて顔が大きくなっている人は少なくありません。また、お酒をよく飲むという人は、アルコールの作用によるむくみで顔が大きくなってしまいます。アルコールを摂取すると利尿作用が高まるのでむくまないのではと考える人も多いですが、排出されているのは水分でアルコールは体内に残っています。その為、血管のアルコール濃度が高まり、体が水分を欲して普段より水分を多く摂取してしまいます。その為、むくみが発生するのです。さらに、ストレスが顔を大きくしていることがあります。なぜ、ストレスと顔の大きさが関係するのかというと、ストレスを感じることで、歯を食いしばってしまう人が多いです。歯を強く食いしばることによってエラの筋肉が発達してしまいます。それにより、エラが張って顔が大きくなってしまうのです。

手間がかかるなら

上記の原因を理解して、生活習慣を見直しましょう。規則正しい生活をして、ストレスを抱えないように生活をすれば、顔が大きくなることはないでしょう。しかし、大きくなった顔を小さくするには生活習慣を変えるだけでは難しいものです。なので、小顔になる方法を実践して、顔を小さくする努力をしましょう。例えば、むくみをとるリンパマッサージなどがあります。美容オイルなどを手に取り、額や口周り、小鼻、アゴ、目の周りをプッシュしたり、なでたりします。何度が繰り返した後に、首やデコルテのリンパに沿って流していきます。普段のスキンケアの後に加えるだけで、顔はスッキリしてくるでしょう。また、最近ではスッキリと知ったフェイスラインを作り上げてくれる美容クリームが登場しています。毛穴のたるみを引き上げることで、顔のハリがあがり、フェイスラインをリフトアップすることが可能なのです。生活習慣を変え、マッサージや小顔効果のある美容クリームを利用してスキンケアを続けることで、小顔へと近づきます。

マッサージやスキンケアは、継続する事で美容効果を実感することができます。その為、小顔効果に即効性を求めるのであれば、美容外科での治療を検討してみてはいかがでしょうか。美容外科では様々な小顔メニューを取り扱っています。その為、理想のフェイスラインを手に入れることが出来るでしょう。