サイトメニュー

遺伝でも大丈夫

女性

骨格が原因であれば

骨格は遺伝すると言われています。なので、両親の身長が小さい場合、子どもの身長も小さくなりやすいです。また、同じように顔の大きさも遺伝である場合があります。遺伝の場合、骨格から修正していかなくてはいけません。なので、一生懸命に小顔マッサージをしても効果を得られない場合がほとんどです。しかし、骨格が遺伝しているからと言って、諦めることはありません。整形手術を行えば、小顔を目指すことが可能です。小顔になる方法はいくつかありますが、骨を削ることで確実に顔を小さくすることが出来ます。

エラ削り手術で綺麗になる

骨格が原因で顔が大きくなっている場合におススメなのがエラ削り手術です。口腔内にメスを入れて、専用の研磨機で、骨を削っていきます。口の裏からメスをいれていくので、手術跡が顔に残ることはありません。また、フェイスラインを調整しながら削っていくので、理想の小顔を作り上げることが出来ます。メスを使用する手術なので、痛みが心配という人も少なくありません。しかし、手術の際には、麻酔を使用します。その為手術中は痛みを感じることはありません。麻酔が切れた後に痛みが出てくることがありますが、痛みが引くころには理想の自分を手に入れいることが出来るのです。また、エラだけでなく、頬削りという手術もあります。頬の出っ張りが気になる人は、頬削りを検討しても良いでしょう。

メスを使用した手術の注意点

エラ削りや頬削り手術は基本的に1時間半程度の時間が必要になります。頬削り手術も同様です。病院の方針や患者の意向によっては入院が必要になるケースもあります。病院によっては入院出来る部屋を用意しておらず、近隣のホテルへの宿泊手配をしてくれるところもあります。事前に、入院の有無を確認してから治療に挑みましょう。

メスを使用する手術は多くの場合が、効果が半永久的です。その為、元に戻すことが出来ません。なので、カウンセリングの段階で医師としっかり意思疎通を通しておきましょう。近年では、手術後の仕上がりをシミュレーターでチェックすることが出来る病院も増えています。なので、シミュレーターを導入している美容外科を選択して治療を受けることも重要です。大手でチェーン展開をしている美容外科や口コミランキングで上位に入っている美容外科は、シミュレーターを導入していることがほとんどなので、事前にホームぺージなどでチェックしておきましょう。